@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

Xmas

雪がひどくてクルマの運転に往生した。

昼は空手稽古で、竜二が田中さんと荒川さんと高学年の型指導を、杏奈と葵が低学年の型指導をしていた。
自分はあんまり口出ししないようにしていた。
教えると教えた本人の技術が上達するのと、責任感が生まれ、試合の勝利の執着がうまれ、とてもよいことなのである。
矢郷道場では、強い選手を作るのは二次的な結果の産物で、稽古を通して、万物を理解し、“自身を律して他人を益す”ということを継続しつづけ、いかに人間として一流に近付けるかが最大の目標である。

学校ではイジメなどの問題があるが、イジメる側が100%悪であり、人間として三流を過ぎた外道である。
だから、いかに子供をイジメる側にならないようにするかの努力をした方が建設的である。

イジメる側は必ず後々、イジメの数倍の過酷な時間を過ごさなくてはならなくなるのだ。
これは歴史が証明している。


中古CDやさんでダムドのジャケットをパクった青春メロコアパンクのCDを250円で買った。
普通こんなもの買わないのだが、ジャケットとゴダイゴのガンダーラをカバーしていたので買って見たが、やっぱりクソだった。

メロコアとかブルーハーツ系パンクみたいのはまったく受け付けない。
やっぱり、馬鹿が音楽やるのはアカンよ。

広告を非表示にする