déraciné

思考と哲学の旅日記

矢郷先生のスマッシュコラム!

『矢郷論説委員長のSMASHコラム』第二十一回
ニュースの焦点

☆2011年12月12日(月)
東京03 豊本明長北都プロレスの魅力について語る!
キトタクの改名騒動から妄想カップル、そして元IWAジャパン選手の謎の宣戦布告、そして北都プロレスの参入による、元Iジャ軍対北都プロレス軍との全面戦争への発展と、誰もが予想だにしなかったマイノリティの不毛な争いは、SMASHファンの頭の斜め上を北上しながら、被害者の出ないアルマゲドンへとつながるのか?

新しく闘いに加わる北都プロレスについて焼け石に水のような解説を東京03豊本明長さんが解説しております。


☆2011年12月15日(木)
中川&華名vs真琴&リンは"ハードコア&ドレスアップマッチ"に! さらに、華名が中川との再戦を要求!!
ハードコア&ドレスアップマッチとか、なにかW☆INGを思い出させますね。
このような試合形式だと真琴ちゃんが意外性があって面白そうです。

それにしても、IWAジャパンの登場や、W☆INGを彷彿させる試合を生み出すSMASHは、まるで"成仏しないプロレス団体の悪霊(貧乏神とも言いますが)"の鎮魂の慰霊祭をしているようです。


☆2011年12月15日(木)
1・9『Krush.15』朱里の対戦相手はママさんキックボクサー!
朱里ちゃんとは先日、Krushに向けての練習や減量のお話をしましたが、朱里ちゃんは骨格がしっかりしているし、身長もあるので体重を落とすのがかなりキツイのです。

減量すると打撃技術にも影響がでます。
それは良い影響、悪い影響、両方なのですが。
継続して試合をしていくなら、朱里ちゃんに合うサイズの選手が国内に少ないので、朱里ちゃんが選手層の厚い階級に合わせて行くしかないでしょうね。
頑張れ朱里ちゃん。


☆2011年12月16日(金)
2・19『SMASH.25』TDCホール大会、最前列完売御礼のお知らせ
凄い、最前列が売り切れです。
SMASH.25』TDCホール大会はSMASHの集大成ですから、皆様もお早めにチケットをお求めくださいませ。


☆2011年12月16日(金)
「ビビると勝つものも勝てない」藤原による教えのもと、TAJIRI&大原が精神修養を敢行!
実は、わたくしが地元でデビューした時の大会のメインが、藤原組長さんの試合でして、大会終了後、藤原組長と食事やらクラブやら御一緒させていただきました。
藤原組長は行く先々で、運転の荒いタクシー運転手や酔っ払いに、教育的指導されておりました(笑)。
その後も御一緒に食事に行く機会がありましたが、藤原組長はあんまり人のことを覚えない方で、会う度に自己紹介させられました(笑)。
藤原組長さんはプロレスのみならず、芸術を嗜まれる、風流人でございます。


☆2011年12月17日(土)
本土初上陸をはたすルー・ルルルについて北都プロレス スタッフ3人衆が証言!
ルー・ルルルってTVドラマ『北の国』からで蛍がキタキツネを呼ぶ時に言ってた呼び声でしたっけ?(笑)。

本当、しょうがないです(笑)。

それにしても、北都プロレスのスタッフ三人の画、ピカソやダリの作品に匹敵するエヅラです。
北都プロレス文化財世界遺産のように国に保護されるべき存在なのかもしれません。
まるで、レッドデータアニマル・絶滅危惧種のようです。
この佇まい、お祭りの夜店の見世物小屋でも観れませんよ。
素晴らしい。


第二十一回 完