矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

藤波辰爾さん

前回のブログでも書いたが、SMASHさんに藤波辰爾さんが参戦されるんですが、実は矢郷良明ベストジャパニーズレジェンズレスラーの中で、藤波辰爾さんが一位なのであり、超リスペクトしております。

私はジャイアント馬場さんの信者なのですが、その馬場さんにスタイル的に最も似ているのが、藤波辰爾さんではないかと思います。
アントニオ猪木さんのお弟子さんなのに不思議というか、因果なことといいますか。

若き日のMSGでマスクドカナディアンをドラゴンスープレックスで葬った藤波辰爾さんも好きですが、(私は殺人コブラツイストがフィニッシュになる前は、藤波さんオマージュでドラゴンスープレックスがフィニッシュでした。)
腰痛を克服されてからの藤波辰爾さんのスタイルが特に好きでした。

藤波辰爾さんは相手の強さをものすごく引き出して、最後はバックスライド(逆さ押さえ込み)で勝ったり、グラウンドコブラで勝ったりと、侘び寂びを知るプロレスファンとしては、堪らないものがあります。

あと最も素晴らしいと思うのは、藤波辰爾さんのロックアップです。

ロックアップに入る瞬間、ゾクッとします。

ロックアップする瞬間に見る側を魅入らせるという素晴らしい選手は世界に藤波辰爾さんだけだと思います。

そんな藤波辰爾さんがついにSMASHに上がることになり、TAJIRIさんの世界観とプロレス観はトラディショナルかつ、エッジーでありますから、これが融合して、本当にSMASHがプロレス文化大革命を敢行していくのではないかという予感がします。
これはSMASH 20楽しみです。

私も機会があったらいつか是非、藤波辰爾さんと闘わせていただき、プロレスリングの血統、歴史というものを肌で感じ、学びたいと思っております。