矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

天才vs馬鹿

矢郷良明先生の新作四コママンガが発表された!

http://www.smashxsmash.jp/cgi-bin/topics/diary.cgi?no=679

今週金曜日、7.15はSMASH19 後楽園ホール大会である。

SMASH王座決定トーナメントの一回戦として、矢郷良明vsゼウスがマッチメークされている。

これはゼウスに興味があった私による、勝手なマッチメークが、まかり通って決行されることになった。


ゼウス君、プロレスは君が考えているような、そんな単純なものではないよ。

ましてや金にもならんし、カッコも悪いし、有名にもなれんよ。

プロレスはショーでもないし、何かになる為のスプリングボードでもない。

プロレスとは、満たされぬ者達が、七転八倒して、人生を曝け出して行く、「敗者のゲーム」なのである。

我々プロレスラーの先人達を観るがいい。
誰一人、勝者など居ないという現実を。

プロレスに魅入らた者は、誰もここから生きては出られないのだ。

公開処刑とか甘っちょろいプロレス用語を使うな。
もう、誰も御輿は担がん。
自分の二本の足で立つがいい。

そして、心してこの敗者のゲームの泥沼を泳ぐ、矢郷良明を倒しにくるがいい。

哲学なき者に矢郷良明は倒せんよ。

しかし、君も矢郷良明に触れるということで、敗者のゲームのプレイヤーになれるという訳だ。

ようこそ、プロレスへ。
ようこそ、SMASHへ。

暴力を持って自己の存在証明を表わすということ、即ちこれは戦争と呼ぶものである。
そして戦争こそが、敗者のゲームなのである。

そう、矢郷良明vsゼウスは戦争なのである。

天才vs馬鹿。