矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

harder they come

五月、六月、七月と忙しい。
体調管理しないと乗り越えられんな。

日曜日は朝からPSYCHOSのリハーサルでスタジオ。
三時間ぶっ続けで演奏し、指が火傷みたいになった。
これがまた今回は特別、音がデカかったようで、耳がジージー鳴っていて治らない。

インプロビゼーションを曲の中で演ってみることを提案して、試したら、ドラムの増井君がやけにハジけたドラムソロをやってくれ、カッコ良くて笑った。

事務所に戻って少し休憩してから、今度は空手の稽古会に氷見まで向う。

昵懇にさせていただいている七尾市の達先生の拳武塾さんの生徒さんが地方大会や全国大会の試合が続かれるので、いつもお世話になってる御恩を少しでもお返ししようと、杏奈さん、葵さん、静也と一緒に拳武塾さんの生徒さんと、組手練習をさせていただくことに。

湿気で蒸し暑く、三十分で汗ダクになった。

拳武塾さんのあみちゃん、ゆなちゃん、ツバサ君はかなり頑張っていた。

ゆなちゃんは葵に大会で二度勝ってるだけあり、かなりセンスがよく、パンチを教えたら組手で応用して上手く使っていた。
ゆなちゃんはインファイトが多いので、ディフェンスが雑になるのを治されれば、またいい感じになると思います。

あみちゃんは昔の杏奈さんと組手が似ているので、杏奈さんと組んで稽古していたが、カラダも杏奈と似ていて腹筋がカチカチで、当たりも強く、いい組手をしていた。
あみちゃんはディフェンス・オフェンスのバランスが良くなればかなりレベルが高くなると思います。

難しいんだけど、ディフェンスを攻撃のキッカケにして動くことを自然に出来れば組手の幅が広がり、辛い組手も楽しめるようになります。



ツバサ君はガッツあるので、一つ一つの技の精度を上げて行くのと、基礎体力を上げたら組手がもっと楽になると思います。

組手は誰でも怖いんだけど、それを体力や根性だけでなく、智慧で乗り越えるところに空手の醍醐味があり、人間的な成長の糧にもなります。

あとは細かいことをいろいろ言ってたのを少しでも覚えていてくれたら幸いです。


自分も組手を見ながら指導させていただいたら、昔の自分が学んだことをいろいろ思い出し有意義でした。

拳武塾さんとの稽古は毎回勉強になり、大変感謝しております。
寛大な達先生にも本当に感謝でございます。

一緒に稽古に行ってくれた杏奈、葵、静也にも感謝。


事務所に帰ってMC5の最近(といっても10年くらいまえか)のDVDを観ていたら、敬愛するウェイン・クレイマー氏のリハーサルが特典映像で付いてて、機材のセットアップを観たら古いフェンダーツイードアンプと最近のホットロッドを二台並べて、エフェクターなしのダイレクトでストラトキャスターを鳴らしていた。
シンプルでカッコいいし、なによりいい音だった。

自分でもギターを弾いていて思うが、有名ギタリスト達が持つラック式エフェクターって、一体どれ位の意味があるのだろう。

謎である。


というわけで、ハードな一日だった。
今週はまたハードである。