矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

SMASH IT UP

スマッシュ後楽園ホール大会、満員でした。
チケットが当日立ち見しかなかったようです。
勢いにのってますね。

興行全体的には天才・TAJIRIさんの思い描くプロレス観とアメリカンプロレススタイルが具現化されてきて、第一試合からメインまでのトータルパッケージングされてきてます。
それに新しく天龍さんが加わり(天龍さんのスモールパッケージには驚きました)また、次回大会には藤原組長やカズハヤシさんなども登場し、どう変化融合していくか興味深い展開です。

自分は木藤選手と組んでゼウス・ボディガーのビッグガンズとの対戦でした。
試合自体は木藤選手が捕まって、四分くらいで負けて終わりましたが、
「過ちを気に病むことはない。ただ認めて次の糧にすればいい。それが大人の特権だ。」
くらいのフル・フロンタル的なポジティブさで考えています。

で、次回スマッシュ 19 後楽園ホール大会でゼウス選手と矢郷良明の初代SMASH王座決定トーナメント一回戦で戦うことにしました。

ビッグガンズには、アスリート的なモノより、初期ロードウォリアーズみたいな、ネズミ食べて、タバスコを一気飲みして「俺はスラム街を生き延びてきたんだ!」みたいな怪奇派に針を振り切ってもらいたいです。
次回のシングルマッチではそんなゼウス選手を期待してます。

スマッシュではカッコをつけたい選手はお客さんに見透かされます。

ある程度のレベルになると、どの業界も、カッコ悪いことの方がカッコいいのです。

そして木藤選手には改名を期待します(笑)

オフィシャルサイトの試合リポートと試合後インタビューを転載。
これで、プロレス頭のある方はいろんなことを読み取ってください。

これから7.15 SMASH 19後楽園ホール大会まで、ジワジワとマインドゲームをさせてもらいましょう。

■第3試合
○ゼウス&The Bodyguard
[4分32秒、チョークスラム→体固め]
矢郷良明&×木藤裕次

【試合レポート】
矢郷&木藤はニック・ボックウィンクルのテーマ曲で入場。二人とも真っ白なショートタイツの純アメプロスタイル。対するザ・ビッグガンズはセンターの花道と反対側から颯爽と入場。そのまま矢郷&木藤に襲い掛かると二人揃ってリフトアップスラムの競演からマッスルポーズを披露。
ここでようやくゴング開始。ボディガーは木藤をパワーで圧倒すると、ここでコーナーで構える矢郷を指名。矢郷はリングインするなりボディガーにドロップキック一閃。さらにタッチを受けたゼウスに殺人コブラツイストを極めるも、ここはボディガーがカット。タッチを受けた木藤はゼウスにランニングネックブリーカー、ミサイルキック。フォールに行くもカウント1で弾き飛ばされる。木藤はエルボーを放つが、動じないゼウス。ここで木藤はロープに走るも、カウンターのクローズラインが待ち構える。ゼウスはブレーンバスターの体勢に行くと、矢郷が救出に入るが二人まとめて投げ切る。
ここでボディガーが矢郷を場外に放り投げて分断すると、ゼウスは木藤を高々と抱えあげてチョークスラム一閃。3カウントを奪った。

試合後、マイクを持った矢郷は、「まずは木藤さん。せっかく自前で衣装を揃えたのに残念でした。衣装を替えたぐらいじゃ勝てないようなので、名前を変えましょう。だいたい木藤っていう名前は放送禁止用語のような気がする。名前が放送コードに引っ掛かるなんて君だけだよ。次は名前を変えましょう」と木藤に改名を要求。続いては勝利を飾ったビッグガンズに対し、「ゼウス、ボディガー、ビッグガンズ、まずは東京初上陸、初勝利おめでとう。拍手!」と観客に拍手を要求すると、「和製ロード・ウォリアーズ、まあ、悪くは無い名前かもしれないが、俺が今ちょっと触っただけ感覚だと、WCWのダメな筋肉レスラーのような気配が充満していたな。みんなはどう思う? ボディガーはまあいい。ゼウス、君が和製ロード・ウォリアーズとして日本のプロレス界を背負って立つ力があるというなら、7月15日『SMASH.19』、トーナメントに出てくるがいい。この矢郷良明が1回戦の相手をしてやる。見せてもらおうか、そのゼウスの実力とやらを」と、ここでゼウスにトーナメント1回戦での対戦をアピールしたのだ。
これに対し、ゼウスは「やったるぞ。覚悟しておけ!」と受諾すると、両者激しい睨み合いを展開した。
■第3試合
【ゼウス&The Bodyguardのコメント】
Bodyguard「おい、見てわかったやろう。俺らが本気出したら、誰が相手でも秒殺や!」
ゼウス「おい、オッサン! 覚悟しとけ! ボコボコにしばいたるからな!!」

矢郷良明&木藤裕次のコメント】
木藤「いやぁ、一発一発が凄い衝撃でした」
矢郷「いや、今日は衣装を揃えてAWAタッグという感じで、いったんですけど、タイミングが悪かったんじゃないですかね? あと衣装を変えるだけじゃダメだと。木藤選手も新しく生まれ変わらなきゃいけないな。リングで言ったように、名前から変える、形から入るというのも必要ですよ」
木藤「それもありますけど、結果を出せないので自分を変えたいですね。自分を変える旅、放浪の旅に出たいです。何かを変えないと結果を出せてないんで。テクニックは勝ったと思うんですけど、それ以外のところで変えていかないといけないと思いました」
矢郷「ビッグガンズは身体を作っている。自分たちもレスラーですから、トレーニングをし続ける努力は大変なんです。それは認めます。彼らが和製ロード・ウォリアーズと言うのもわかります。でも、リングで言ったように、トーナメントの1回戦でゼウスと闘うことで、彼がプロレス界に革命を起こしたり、プロレス界を背負って立つような人材だということを見極めようと思います。それから木藤選手、名前がね、木藤(きとう)という(笑)。本名は本名でミッチェルとかスザンヌとかそういう名前がいいと思います。スザンヌ八王子とか」
木藤「本当に勘弁してください(笑)」
矢郷「まあ、そういう感じで木藤選手も一皮むけると思います。もっとテクニシャンなんだから、それを出す試合をしたほうがいい。WWEのパット・パターソンのホモ以外の遺伝子を受け継いでいるんじゃないかと思うんですよ。そういうレスリングを見せてくれたらと思います」

あとは毎回ナイスなバトルニュースさんのレポート
http://battle-news.mymp.jp/page/230609smash

      • -

写真はレミーTシャツ!