矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

SMASH 18だよ全員集合

9日、木曜日は東京後楽園ホールにてSMASH 18なのだ。

わたくし矢郷良明は木藤祐次選手と組んで、ゼウス・ボディガーのザ・ビッグガンズとやらと対戦。

まず、木藤選手がレイ・スチーブンスの遺伝子を受け継ぐレスリングマスターであると宣言したことが面白い。
レイ・スチーブンスとは、いにしえのAWAでトップテクニシャンレスラーとして活躍し、AWA世界タッグのチャンピオンに何度も就いている素晴らしいレスラーである。

たしかに木藤選手には、レイ・スチーブンスやパット・パターソンのような雰囲気が感じられ、私はどちらかというと、木藤選手にはパット・パターソンのゲイ以外の総ての遺伝子を受け継いでいるのでは?と思っていた(笑)

とにかく木藤選手がレイ・スチーブンスと言うなら、相手のビッグガンズも和製ロードウォリアーズを名乗っているのだから、ここは今はなきAWA代理戦争として、わたくしはニック・ボックウインクル様で行くしかないと思う。
相手がワルツで来ればワルツを踊り、ジルバでくれは、ジルバで踊るのである。

そして、ビッグガンズのゼウスである。
私は彼が本気でプロレスをやるモチベーションがあるのか疑問である。
彼は一度プロレスを離れ、またプロレス界に戻ってきたが、プロレスに何を思い、何がやりたいのか。

プロレスとは永遠に満たされない世界であり、古田織部の『ひょうげもの』のような世界である。
サクセス主義者には棲めない世界である。

ゼウス選手の流転の人生を観ると、典型的なサクセス主義者故の流転であるように思う。

そういえばボディビルダーの思考はクオリティ(質)よりクォンティティ(量)であると、ニック・ボックウインクルさんは言っていた。

ゼウス選手のプロレス観、いや、人生観はこの天才、矢郷良明と一戦交えることで露わになると思う。
そして、自分自身に存在の疑問符を感じることになると思う。

自分の可能性を観るか、限界を知るか、リングで確認してくれればいい。



■6・9『SMASH.18』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
ウルティモ・ドラゴン
vs
大原はじめ(FCF)

[セミファイナル 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)
vs
マイケル・コバック

[第6試合 初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
朱里
vs
志田光(アイスリボン

[第5試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
TAJIRI
vs
FUNAKI

[第4試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
AKIRA
vs
飯塚高史新日本プロレス・CHAOS)

[第3試合 タッグマッチ]
矢郷良明&木藤裕次
vs
ザ・ビッグガンズ(ゼウス&The Bodyguard)

[第2試合 初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
華名
vs
リン“ビッチ”バイロン

[第1試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
児玉ユースケ
vs
石川晋也(大日本プロレス

■当日チケット発売は16時より発売スタート
[販売席種]
指定席A 5,500円
指定席B 4,500円
U-18席(18歳以下限定シート) 2,500円
※U-18席のみホール5階チケット引き換えブースにて発売。U-18席をご購入の方は、年齢確認をさせていただきますので身分証明書を忘れずにご持参ください。