矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

空手大会

日曜日は空手大会が富山市であり、矢郷道場からは11名が参加。
その中から小学一年生のカイト君と中学三年生の葵さんが準優勝した。
もう少し入賞できるかな?と期待していたが、現実は厳しい感じでした。

準優勝した2人も、基本稽古が雑で、出来ない技が多過ぎるので、初心に帰って稽古しなければなりません。

昵懇にさせていただいている達先生の拳武塾さんはやっぱり強く、葵に二連続で勝利したユナちゃんは素晴らしかったです。

杏奈さんは四回同じ相手との対戦になり、微妙な判定で一回戦で負けてしまったのですが、判定は判定と考え、葵も杏奈も強いライバルが居て自分が成長できるので、対戦相手、強い友達に感謝しなければなりません。

今回、試合デビューした生徒さんも居たのですが、中でもハヤテ君が予想以上に良かった。
これからも頑張って欲しいと思います。
高校生になった竜二も今回の試合内容はよかったです。

試合に出る生徒さんは、試合に勝つ為の特別な練習をする以前に、空手の基本・移動稽古・型を正しくマスターし、練り上げることと、日課の基礎体力運動として、毎日拳立て100回、ジャンプスクワット100回、腹筋100回、懸垂30回以上、ランニングを30分のメニュー
をこなしてくれれば、自然にカラダは出来上がっていくと思います。

当たり前のことですが、基礎体力の無い技術は、技術を知らない体力の強い者に勝てないのです。

しっかり基本と基礎体力がついたら、特殊な技術や、試合に勝つ為のテクニックを論じればよいと思います。
また皆で頑張りましょう。

今日は暖かったので、バイクに乗っていった。
ギターを弾いて、バイクに乗って、プロレスをして、空手をして、ラジオ番組をやって、気儘に毎日を過ごして、我ながらたいそうな身分である…
そんな奴はロクな死に方しないのではないかと思い、日々を感謝したり、反省したりする振りをしている。