矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

ガンヲタ製造ジム

◆ジムで毎日ガンダムのDVDを流してる。
今回はガンダムW
UCシリーズ以外ではウイングが一番面白い。
いま、レディ・アンが撃たれた。
デスサイズヘルとか復活した。
ゼクス(ミリアルドピースクラフト)とノインの関係がすごく理想的。
トレーズとミリアルドを+とシャアになるみたいな観。
かなえもんはハマって閉店まで観ていってる。
ゾック君も解説者として付いている。
かなえもんはガンヲタとして成長した。
ジムはガンヲタ製造工場みたくなってきた。
明日も続く。

◆目眩で夜中に倒れた。
凄い汗をかいて「これは救急車か…」と思ってる内にそのまま寝てしまい、朝起きてパンをかじろうとしたら顎が動かず、あべ接骨院にいったら「顎と首と背中がガチガチですよ」とマッサージとかいろいろしてくださり少しよくなった。
たしかに最近、昼間も忙しいのにトレーニング過多なような気がしていた。

トレーニングをすればするほど善くなる年頃は過ぎたのかもしれない。

◆先日、書家の槻岡果加梨さんが遊びにきた時、会話の中で「バタイユがいいですよ」と薦めてしまい、自分も不安で読み返したら、マダムエドワルダから眼球譚に至る猥褻さに「なんでこんな本を薦めたのか、誤解されるのではないか?」と不安になる。
バタイユには独特の哲学と美意識があるのを、彼女なら理解されると思う。
でも、もしなにか言われたら「三島由紀夫バタイユを読めいうとりました」と逃げようかと(笑)。

果加梨さんはお薦めした本を必ず読まれるタイプの方。
薦めた本を読むか否かで結構、人となりがわかるし、逆に薦めた本によって、薦めた人のことも判るものだ。

◆イギーポップのライヴ映像でバックバンドのギタリストの研究をする。
イギーをリスペクトし、尚且つ60年代ヘビィメタル(LAメタルとかnwbhmの軽薄なものとは全く別物)、サイケデリックロックをリスペクトするギタリストが必ずメンバーなので、その人なりの消化と表現の仕方の個体差を聞き分けている。
11・13,PSYCHOS、高円寺ライヴは重要ポイントで正念場である。
KEN君もヤスシ君も、当然私も気合いが入ってる。

そして11・22、SMASHさんのJCBホール大会でのプロレスリングも今後のわたくしを占う上で重要なである。
SMASHさんのJCBホール大会まであと34日
矢郷良明Road To The JCBホール大会

11月は正念場である。