déraciné

思考と哲学の旅日記

矢郷さんは二度死ぬ

スレッガー・ロウばりの特攻をプリンセス天功ばりの脱出で無事富山に帰還した。

◆Raw Is YagoはサムライTVでも放送できないし、DVDでも収録されない内容なのだ。

会場に来てくれた方々へのボーナストラックであり、語り草にしてもらおうかと。
これが本当の伝説の作り方である(笑)


高木三四郎マッスル坂井とリング上で「ハッスル」ポーズをした。

あれはDDTの事実上の勝利宣言

◆11・29の私がらみの作品は、サムライTVの伝説の問題番組、チャンネル01を作っておられたフリーディレクターさんと仕事していたのだが、この人はよい意味で狂っていて素晴らしかった。

ロケに使った銭湯の経営者がこれまた狂っていて(笑)本業が手品師だった。
それ以上の狂いっぷりは書けない。


◆土曜日は新宿伊勢丹で腕時計を見ていた。

現金を持っていたら買いかねないくらいいろんなブランドの腕時計があり、見比べたらパティックとPIAGETが一番よいと思った。

◆テレビで内藤選手と亀田選手のWBCフライ級のタイトルマッチを観たが、亀田選手の上達ぶりに驚いた。
右足の斜めステップインからの左ストレートは強烈で、内藤選手は2Rか3Rで鼻を骨折していたと思う。

どの選手も攻撃にいったときにガードが下がりがちなんだが、パンチと引き手のガードの連動が上手く、よほど練習したんだろうなぁと感心した。

内藤選手はサウスポー対策が身体に染み付いていなかったのでは?と思った。

30過ぎると体幹が弱まるのでパンチダメージが出やすくなる。

鼻をいかれてなくても結構ダメージが全身に回っていたんじゃないかと思うが、ラストラウンドは男らしかった。


◆セックスプレスリーのCDを買った

ドレッドツェッペリンの勝ち。