déraciné

思考と哲学の旅日記

レスポールはロックギター

◆病気の治療薬のプレドニンの副作用が急に出て、顔が浮腫んでえらいことになってきた。

倦怠感も半端ではなく、ホント毎日「闘病」であります。

でも病気なんか本人が治す気持ちが強くないと治らないと思う。

そんな中、できるだけ早く体を戻そうとウエイトトレーニングをしてるが、トレーニングの後の疲労感はいままでになくキツく、トレーニングが嫌だと独りで愚痴っている。

なんだか毎日毎日、腹立だしい。

ぬくぬく太ってる奴等が羨ましいです。

デブはアホと幸福の証。


◆偶然重なって珍しい人達が心配して様子を観に来てくれたり、メールくれたり。

3週間くらい前に退院したのであるが、風の噂は今頃広まったのだろうか?

でもありがたいことです。

◆今年は3月にライブがあって、それ以来ストラトキャスターばっかり弾いていたのだけど、久しぶりにレスポールカスタムをケースからだしてアンプに繋いだら、凄く弾きやすく、ハムバッカー特有のパワーもあって、やっぱりレスポールはロックギターだと思った。

なぜかバッキングのリズムもとりやすく、レコーディングで使えばよかったと少し後悔した。