déraciné

思考と哲学の旅日記

ケインズとハイエク

◆今日はRADIOアグレッシヴでした。

政治をかじろうコーナーで昔習ったケインズ理論ハイエク理論を少し話す。

ラジオというメディアを持つといろいろ面白い。


◆ジムにお医者さんがきておられるのでインフルエンザについて聞いたら、型が新しいだけで毒性は通常のインフルエンザと変わらないと言っておられた。

インフルエンザで亡くなられた方々は、インフルエンザでなくとも強い風邪などで肺炎を引き起こして亡くなられるくらい、持病が重篤だった方々だと言われていた。

選挙が間近なのに、のりぴー特集なんかやってるマスコミより、真面目に勉強してきた医師が言う方が正しいと思うので、インフルエンザでパンデミックとかあんまり騒がないほうがいいみたいである。


ちなみにその前に少し騒ぎになった鳥インフルエンザは本当に凄い毒性らしい。

あれが流行するととんでもない死人の数がでるらしい。


◆クルマでルースターズの2枚組ベストを聴いているが、ボーカルの大江氏が抜けてギターの花田氏がボーカルをとってからのルースターズを初めて聴いて、歌詞のアホさ加減にズッコケた(笑)

花田氏は見かけがいいからなにをやっても許されていたのか(笑)

大江氏の歌詞もくだらないこと歌っていたが、それはブラックキャッツみたいな"突き抜けたくだらなさ"でカッコいいのだ。