矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

新木場基準

◆新木場でした。

またアクシデントにあって試合に途中参加

長井さんがHARASHIMAに勝ってたので、私はここで「どこでも挑戦権」を行使しようとしたらまた、長井さんが大暴れしだして、アクシデントでタイミングを逃した。

挑戦権はいったいどこで使えばいいのだろうか?

試合後、中澤と高木が試合してて、中澤が矢郷第三帝国に加入することに。

まったくなんでもかんでも俺に尻拭いさせやかって。

中澤はとりあえず弾除けにはなるだろう。


とにかく興行時間が遅くて、富山への電車に乗り遅れそうになり、焦って帰った。

火曜日は会計士さんとこによってケーブルテレビの撮影があってとスケジュール満載なので乗り遅れたら大変なことになるところだった。



◆真面目な話、新木場ってプロレスやるのに大事な基準地だと再確認した。

今年初めて新木場で試合したけど、この会場はお客さんと近いし、一挙手一投足が伝わるのでしっかり試合しないとダメだと痛感した。

いま不景気で団体も減り、試合も減ってきたので地方にいる自分はなかなかクオリティを維持するのも難しんだが、プロである以上なんらかの対策を練らないとダメだと考えさせられた。
また新木場で試合したいものです。


でもこれだけ試合できないアクシデントに見舞われてたら、クオリティもへったくれもないわな(笑)

全部DDTが悪い。

だからピーターパンホロコーストの必要性が強調されるのだ。

本当にどうにかしてくれるわ

というわけで今週日曜日はDDT富山・高岡エクール大会です

チケットまだ買ってない人はぜひとも買ってくだされ
矢郷第三帝国・ジーク矢郷Tシャツも販売中です!!