矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

サーキットの狼

◆今日は夕方から愛知県の刈谷市でレッスルナニワVKFがあり、久しぶりにプロレスを。
外人のMASADAと組んで、昼間に大会があった地元刈谷のプロレス団体DEP(DEPさんはKAIENTAIにあがっておられた大和会さんで、代表の古澤さんとはよく他会場でも会うのだけど、深谷さんと門尾さんとは会場で数年ぶりに再会した)のタッグチャンピオンの正岡、小杉組と対戦。

MASADAと好き放題してたら両チームリングアウトになった。

プロレスの場外カウントは20カウントなんだけど、カウントコールがさっぱり聴こえなくていつのまにやら終わってた。

試合自体はやってて面白かったからいい。

自分は体調不良からの復帰戦だったのだが、意外に動けたのと、リングから離れてると独特の会場の雰囲気を掴めなくておかしなことになるんだけど、それもまったくなかったのでいい復帰戦だった。


KAIENTAI-DOJOから旅にでたデスミヤワキィが刈谷にたどり着いていて、試合をしていた。
彼にしてはあり得ない声援をうけていたのがシュールな光景だった。

TAKAみちのくさんも試合に来ていた。
控え室で昨今の苦労話をしておられ一同しんみり。

◆今回、刈谷市までクルマで行ったのだが、思った以上に遠くて三時間かかった。
「北陸の隼人ピーターソン」と呼ばれた私のスーパードライビングで(B級ライセンスありなのでジムカーナとか峠とかかなり得意です。)、富山から一宮まで二時間ちょっとだったが、そこから刈谷市までが判りにくくて時間がかかった。

それに途中雨が降っていて、150キロ以上になるとカーブで滑りまくり、なかなか思うように運転できなかった。

これでクルマが新しいダッヂ・チャレンジャーとかチャージャーだったら二時間切ると思う。

あとクルマにナビゲーションが付いてないのだが、携帯iアプリGPS音声案内ナビゲーションで無事にたどり着いた。
便利なモノである。



◆今日はジムの会員さんもキックボクシング(新空手)の試合があり、四人エントリーし、その中に中年愚連隊さんから三人エントリーしたら二人が対戦相手がいなくて試合が組まれなかったが、伏木さんがK3ワンマッチの試合はあり、伏木さん試合初出場で見事勝利した。
偉いです!!中年の鏡です!。

18歳のユウタ君はK2に出場、彼は短期間で85キロに増やし(身長は182)て出たら優勝候補の猛者の選手と当たり判定負けした。

でも強い人と試合するのが強くなる近道だし、彼は日本人離れした手足の長さとヘビー級の身体があるし、なにより若いので、練習さえすればまだまだ強くなるのでまた頑張ってくだされ。

今日はよい1日だった。