矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

Do The Best

◆体調不良から回復したが、がっちりトレーニング復帰をするまえに試験的にウエイトトレーニングをしたが、パワーがかなりなくなっていてちょっと驚く。

体調がいいときは懸垂が50回以上できたり、腕立て伏せが200回くらいできたり、ベンチプレスが180キロくらいあげたりしたが、体重が激減したのでそこまで戻すのにまた大変な道程があるなぁと感じる。

まぁトレーニングは自分のペースで、そのかわり毎日やればいつかなんとかなるだろう。

◆スポーツ心理学でパフォーマンスの低い人は活動の目的が、外的報酬(名誉、名声、金銭など)を得ることが目的の「外発的」動機の選手がほとんどらしい。
逆に単純に好きでやってる「内発的」動機の人はハイパフォーマンスであり、内発的な選手は活動報酬となる喜びは、技能習得それ自体から得ているので、そのパフォーマンスは伸びつづけるらしい。


自分でも子供に空手の指導していて、勝利より闘ってるときの高揚感を感じている子供は試合で強いのが判ります。

芸術でもスポーツでもビジネスでも内発的な人は成功している。

「すきこそもののじょうずなれ」
って諺の通り。

大概の人は外発的な動機で好きでもない仕事をしているので、仕事がうまくいかない。

だから人生なんて、好きなことやったほうがいいと思う。

明日も生きてる保証はなにもないので。

だからなんでもチャレンジしたほうがよい