矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

イースタンプロミス

◆ようやくイースタンプロミスを観ることができた。

世界中どこにいっても移民系はマイノリティなので、同じ民族同士結束し、ファミリーと名乗りボスが生まれ、様々な事情で犯罪組織化する。
何十年かしたらその土地に馴染み、国籍も得たりしてマジョリティに溶け込む。
日本なんて典型的な例である。

人種に対する差別は憎悪すべき問題だが、差別される側も「マイノリティカード」を切ってマジョリティに非合法な手段でビジネスしたり、優遇を受けるのはおかしいと思う。

芸能界、スポーツ界、格闘技界、商業業界はとくにマイノリティが動かしているから、その問題が大きなネックになってると思う。

◆ちなみに映画ではマフィアのセンスを引き立てるために腕時計をうまく使っている。

ヴィゴ・モーテンセン演じるニコライの腕にはジャガールクルトマスターコントロールssが。
808500円

ヴァンサン・カッセル演じるキリルの腕にはジャガールクルト・レベルソ スクアドーラ・ワールドクロノグラフ
1291500円

そして日本でジャガールクルトの似合う男といえば高木大社長。