矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

いかりや長介

◆子供達の空手大会だったが先日ブログで書いた判定審判問題が現実になった。
ホントここ数回、試合の度に審判問題に悩まされ参っている。

一生懸命やってる子供達には全然関係ないのに。
子供達もバカじゃないから、なにをされたかをよくわかっている。

泣いていた子供達は負けて悔しいんじゃなくて、大人の都合に振り回されたことに泣いていた。

子供達にこの大人社会のことをなんて説明してあげればよいやら…。
やる気なくすわい。

◆たとえば会社なら上場した時点で創業者の所有物ではなく、社会の「公器」になる。
試合に県名とオープントーナメントを謳い、出場料(6000円)をとるのだから、試合大会は「公器」である。

父兄の方々は出場料をとられてこんなことになって、やりきれない雰囲気。
それをフォローすることもできるわけなく、本当に今日は参った。


なんだか悪しき80年代の空手界のリバイバルみたいな風潮になってきた。

金やら権威やら名誉やら。