矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

ドアーズの魔法

◆富山は田舎なので、中古CDやさんをまめにまわると写真の三枚のアルバム(ほぼ新品)を合わせて2000円で買えたりする。
三枚とも前にも持っていたのだが、貸したりして紛失していたので再購入。
SEXPISTOLSの再結成ライブの日本盤にはクリス・スペディング大先生のデモバージョンPROBLEMがオマケで収録されている。
ギターはクリス・スペディングさんが弾いている。

◆この三枚の中のタイガーホールレンジにはMAD3によるドアーズのライトマイファイアーが収録されているのだが、演奏の良し悪しを抜きにドアーズの曲を聴くと言葉で説明できない不思議な気分になる。
初めてドアーズを聴いた時からこの感覚があり、「音楽と自分」しか見えなくなるのだ。
ドアーズ特集した本のタイトルに「ドアーズの魔法」というのがあったが、まさにドアーズの曲には魔法という感じがする。
ジム・モリスンはセクシャルなシャーマンとかとも呼ばれていたのも納得できる。
…ECWのジョン・モリスンがセクシィなシャーマンって肩書なのはまんまなのである。

11年前のSEXPISTOLSの再結成日本公演のビデオを自宅で発見して観ていた。
WOWOWで武道館からの生中継だったのを録画したものでビデオを観るのもその時以来だと思う。
個人的にはスティーブ・ジョーンズがかなりカッコよかった。