矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

逃げるが勝ち

◆言い争いをするのは本当に疲れることなので、揉め事とはかかわらないようにしているが、先日のような人もおられるので、くだらないことに巻き込まれることもある。
「そんなエネルギーがあればもっと建設的なことに使えばよいのに」と思うが、そんな人程くだらないことに好戦的になれるもんである。

こちらが言って理解できるくらいなら、最初から揉める様なコトは起きないから、そういうのはほって置くしかない。逃げるが勝ち。

◆揉め事はいつも
「認識能力が無い人間が評価をしてしまう」ことから始まる。
争いごとを無くしたかったら、より高い認識能力を得る為の勉学と徳を高める努力を生涯続けなければならない。

小林秀雄 初期文芸論集を読む。
批評家としての矛盾、混乱、そして自己弁護を垣間見る。

シャアは関係ない