矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

No Future

◆最近はSEX PISTOLSリバイバルをしている。
やっぱりロックは歌詞ありきである。

◆またシュートボクシングを深夜に観ていた。
宍戸大樹選手とTATUJI選手の試合が面白かった。
宍戸大樹選手が見事に勝利。
ボクシングに比重を置く選手はパンチが重くてキレるが、ボクシングではないので総体バランスがある選手の方が間違いなく有利である。
K-1系の選手はボクシングに比重を置かれるが、K-1シュートボクシングもあれだけハイレベルになると、パンチで倒したかったら蹴りを散らして入れないと倒れないと思う。
相手がパンチの打ち合いを付き合ってくれるならパンチが強い方が勝つ可能性があるだろうが、蹴りもあったらアンディ・サワー選手のような総体的なバランスがないと無理だと思う。
ましてやシュートボクシングさんは投げまであるので、選手の軸がしっかりしておられ、腰も強いから、対処方法みたいな練習していたって勝てないと思う。
◆ヒジありだったらまた組み立てが変わるし、首相撲の比重も変わると思うが、基本的なパンチ・キックオンリーのスパーで土台をしっかり造られれば、あとは個人の応用力の問題だと思う。

◆テレビのワイドショーで亀田一家の報道が連日されているが、コメンテーターにスポーツジャーナリストとして片岡亮さんて方がよく出演されておられる。
私は直接お会いしたことはないが、この方、インディプロレス業界で様々な逸話が残されている元レスラーの『幻/まぼろし』さんという方である。
ワイドショーって本当に自由すぎる(笑)