矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

30代の病気

◆30代の鬱っていろいろ原因があるんだろうけど、1番多いのは《自分が思う自分と社会(他人)からの自己評価のギャップ》が原因なんじゃないかと思う。
大概の人間はアホだから、自信過剰なんでギャップを産んでしまう。
自分の思う「最高」は社会の「当たり前」で、それを受け入れる勇気がないから、ずっとそこらへんをうろうろしてるんだと思う。
学生時代はイケイケだったけど社会に出たら自分のちっぽけさに打ちひしがれて落ち込んで、現実を受け入れる勇気がないので変わることもできず、そのまま30代になって扶養家族もできて、ニッチモサッチモいかなくなって鬱になっていくんだと思う。
でも、それは自分に人より秀でる「なにか」がないから自信もなく、帰れる原点もないからそんなことになるんだろう。
さんざん若い頃にダラダラ生きてきたツケが廻ってきたのだ。
そしてなにより謙虚さがないからそんなことになるんだと思う。
謙虚が向上心の発露になるから、向上しない人間は傲慢・増上しているんだと思う。
向上しない人間は死んだほうがよいと思う。
それくらい腹を括らないと30代の鬱もデブもブサイクも乗り越えられないと思う。
考えてもしょうがないから、カラダ動かして汗流した方がよいよ。