矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

穢土

◆時間があったのでユングをまた読みかじる
女性は感情型で男性は思考型といつも書いてある。
男性は外向的思考型と内向的思考型と別けられて説明してあるが、自分はどちらにも当て嵌まる気がしている。
心理療法的には外向的ならスポーツしたり人とあったりするのを勧めるだろうし、内向的なら静かに読者したり、静かな景色をみたり、穏やかな音楽を聴いたりとなるのかもしれないが、私は良い人と会えは元気になるし、トレーニングしていればポジティブになるし、一人で読書したり模索していても元気になるし、穏やかな水辺の景色を観れば心から休まる。
個人的になんでも薬になるような単純な性格なんだと思うのだが、はたからみるとややこしい性格らしく、とっつきにくいとよく言われる。
それは基本的に独りでいるのが好きだからかと思う。
よく「誰とどこにいっていたか」と子供のときから親や女性に聞かれるが、「独りでいた」というと何故か信じてもらえず、人には「普通は誰かとつるんで行動するのが当たり前」という概念があることに気付いた。そうなってくるとなお面倒になって「ほっとけボケ」となって独りで居たくるのである。

◆私はファーストインプレッションが判断のほとんどを占めている。元々「直感」が強かったのと、相手や物事を深く知った時の判断と同じ結果になる経験をたくさんしたからである。
(空手選手時代、立ち合いの時は一目で、相手の利き手利き脚、柔軟性、性格を「直感」で見抜けと言われ、初めて会う方々に訓練として、それを見抜く意識を絶えずしていたこともあった)
◆これはヤクザ稼業の方に教わったのだが、慇懃なる礼節を持てば相手の人柄がわかるという。
一分一秒が真剣勝負なヤクザ稼業は、出会う人間をいち早く「損か得か?喧嘩が強いか?男かカスか?」を見分けなければならないから、その早期判断に慇懃な礼節をとるのらしい。
そして礼節は演技と同じで、演じたら嘘になるから、心から慇懃な礼節をとるのだという。
ヤクザ屋さんがある一定の人間に対して丁寧であるのはこれをしているのである。
たしか礼節を持って返すか返さないかで、人柄は判るから、その通りだと思う。
◆「直感」とはある種の防衛本能だと思う。
私の知っている方々で国籍や出身、学歴で差別を受けた人間や、新しい環境に移り変わる漂泊的な宿命の人間はほとんどこの「直感」が強かったと思う。
防衛本能でこの直感を自然に身につけたのだと思う。寂しい話であるが、真は「そんなことどうでもいい」って思う度量が一番重要だとその本人達も思っているにちがいない。
自分がそうであるから。