矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

ナチョリブレ

◆実在の神父さんルチャドール、フライトルメンタさんをモデルに、ジャックブラックさんの主演で映画化。
ジャンレノさんもこの映画をやっていたと思う
◆映画としても単純に面白いし、映画中のプロレスシーンも単純に面白い。
ラストはアグレシオなる金色のマスクマンと闘って勝つのだが、試合がラウンド制になっていたり、場外でマヒストラルからフォールして123取ったら、「リングアウト」とレフェリーが言って(字幕がリングアウトになってたけど、レフェリーはエニィウエアスリーカウントとってるから勝ちを宣告している)プロレスを知ってる人は混乱するんじゃないかと思う(笑)
◆プロレスも映画も音楽も芸術も、あれこれ理屈を考えるより、単純に感じたままでいい思う。
とりあえずわ。

◆ジムに自販機おいたのだけど、170円と高価な黒烏龍茶が入っている。
これがまた上手く水っぽくなくて、癖になる。
なんか脂肪を吸収しにくくするらしく、流行してるらしい。
トレーニングしながら飲んでる。
(トレーニング中に飲んでも脂肪云々の効果は関係なく食事と一緒に飲むのがよいらしい)
◆先日、新しいことにチャレンジしようかと、あるテレビ・キー局の関係者の方と電話で話していたら唐突に「格闘技ブームも終わったよね」と言われた。
そういえば元プロ格闘技選手と話していたら、「もう格闘技ブームは終わりそう」と言っていたのを思い出す。
両者が言ったのは共通してテレビの問題と選手の少なさだった。
サブカルチャーの終焉の兆しは「女、子供が増えたら」であるが、それも増える事なく、ブームは確かに沈静してきた。
「選手人口の少なさから練習をしなくても《のど自慢大会》みたいに誰でも試合に出れるから、観る側も選手をみたいのではなく、行為を観たいだけになってきて、ジャンルが盗撮ビデオチックな次元になっているから、生産性が無くなった」と言っていたが、なんだか残念である…
アッチョンブリケ