@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

Work Outについて

◆年齢と共にダメージが回復しなくなったり、身体に張りがなくなってきたので、今週からトレーニングを見直した。
◆一日目は 胸と背中を中心に高強度にし、軽目で肩と腕、脚をやり、腹筋はできるだけ追い込む
◆二日目は 肩、腕を中心に高強度にし、胸、背中、脚を軽目でやる 腹筋はできるだけ追い込む
◆三日目は 脚を高強度にやり(現在は膝がまた故障したので脚はオフ)、胸、背中、肩、腕を軽目でやる。
腹筋はできるだけ追い込む
◆気をつけてるのは、インターバルを短めにすること。
ほぼ一分以内の休息でSetに移る。
◆フォームを正しくすること。
ベンチプレスとかでよく、重いのをやって胸にふれるまで降ろさない人がいるが、あれは格好だけで筋肉には効き目もない。
胸にしっかり落とさなければ絶対に胸、三頭筋がデカクならない。
降ろせないなら軽目でやればいい。
◆人の目を気にせずに、自分のトレーニングに没頭して最後まで追い込む。
格好つけて重いのをやらない。
スポットがいるような種目より自分で解決できる種目で追い込む
◆2時間おきにプロティンを飲む。しばらく減量していたから、身体に張りがなくなったので、今度はかなりのタンパク質をとる
◆セルフのトレーニングを入れる
プッシュアップ、ライオン、懸垂などを毎日やる。
懸垂は特に重要。
体操選手は経験一年くらいしたら、かなりいい身体になってしまうのだが、あれはウエイトで造ったのではなく、毎日、自分の身体を自在にコントロールする練習をしているから、神経細胞が発達して、筋肉も増えるのだ。
だから自重を使ったセルフのトレーニングは絶対に必要で、私も伸び悩んだ時期にセルフのプッシュアップやヒンズースクワット、懸垂(チンニングっていいます)をの重要性を指摘されて以来、必ずやってます。

広告を非表示にする