@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

プロレスはプロレス

DDT連戦の今日は待望の富山大会。
もうバスのくねくね運転で体調が最悪。
首肩腰膝みんなおかしいし、腎臓の弱い私は疲れるとタンパクがおりるので、朝の八時から試合開始まで20回以上小便にいった。
しかし地元富山、頑張って試合せねばならない。
天気もよく、集客もよかったが、なによりお客さんのノリがよく、暖かいお客さんばっかりだった。
今回が富山三回目のDDTプロレスだが、地道に富山にきてく大会を開いて来たからか、あのチューリップテレビの放送が効いたからか、お客さんの年齢幅も広いのだが、皆さん素直にリングの上のことを楽しんでおられ、とてもいい雰囲気だった。
試合もセミで地元富山の大家君が若干頑張ったりしていたし、メインのTeam2サウザンアイランド対MIKAMI、タノムサク鳥羽、飯伏コウタ組はかなり盛り上がった。
私も体調がヒドかったがお客さんに乗せられてか、予想以上に動けた。
しかし、ゴールデンスター飯伏のムーンサルトなどくらい試合中は史上最高のダメージがきていた。
◆今日は本当にお客さんに助けられた。
富山でも「プロレスはプロレス」と単純に楽しんでくれるお客さんが増えてきたことに本当に嬉しく思った。
チケットを買ってくださった方々からは「次もまた見にきたい」とたくさん言葉をかけてもらったりやメールをいただいた。
今日の大会はいろんな意味でよい興行だった。
私はヒールだが、ここは素直に今日来てくれたお客さんに感謝したい。
俺の絡むプロレスは面白いから、必ずまた見に来てほしい
火曜はジム、水曜は新木場1stRingでDDTだ。
ハードスケジュールは水曜までだ…
◆夜にテレビでちらっとHEROSを見たが、これも面白かった。
格闘技は格闘技
プロレスはプロレス
どっちも素晴らしいと思う。
そろそろ住み分けができてきたから、ヤル側も見る側も、もう、ごっちゃにするな。