déraciné

思考と哲学の旅日記

Bone To Fight

◆お客さんに貰った月刊少年チャンピオンに天龍さんのインタビューが掲載されていて、その中で「エルビスプレスリーがプロレスを何試合かカジっていた噂があり、闘ってみたかった」と話しておられた。
これは凄い噂である(笑)
でもありえそうな話しでもある。
ステージもこなし、映画にも出ていたし、プレスリーのような優れたアーティストなら、プロレスを即理解するだろうし、やりたくなるんじゃないかな?

そういえばWCWNWOではあのデニス・ロドマンも試合していたし、デビロックヘアを流行させたミスフィッツも試合していたからね。
◆で、マイブームのNWOのT‐ShirtとWWEでアメリカのみで発売されたNWOビデオを入手。
しかし明日から水曜までハードスケジュールのため、観る暇がない。
このスケジュールをうまくのりこなさないといけないから身体のコンディションに神経を使ってるのだが、独りで仕事から雑用までこなすので、なかなかままならない。
近年の膝、首、腰の不調はちょっとした睡眠不足や、疲労蓄積で大怪我につながるので、睡眠や横になれる時間を一分でも多く作りたいのだが、本当になかなかうまくいかない。
結局、自分の身体を守るのは、自分の管理力しかないと痛感している。

◆明日は子供達の空手の試合である。
彼等、本人の思ったように自由に動けて、満足した試合ができればいいと、私は祈るばかりである。

広告を非表示にする