déraciné

思考と哲学の旅日記

プロレス行脚

◆23日の深夜一時から新木場でのDDTオールナイト興行に参戦のために上京。
試合は夜中なのに客席が満員で驚いた。
私は高木三四郎さん、KUDO君と「極悪」ヒールユニット 『チーム・トゥサウザンアイランド』を結成し、鬼のような悪いことをすることになった。
三四郎さんは「ファッキンガッデム・チョウノ三四郎」として生まれ変わり、
私は「ファッキンガッデム・スコットホール矢郷」、
そして私とフィラデルフィアで対戦し、すっかり友人となったKUDO君は「ファッキンガッデム・テンザンKUDO」として再生した。
テンザン角をつけてのテキサスコンドルキックは素晴らしかった(笑)

私は会場に行くまで詳しいことは知らなくて、会場についたらいきなり三四郎さんがサングラスをかけて「ファッキン!ガッデム!ファッキン!ガッデム!ファッキン!ガンダム!」と暴れ者になり生まれ変わっていたのでそのまま、突如として鬼畜ヒールユニットが結成されることに。最初はKUDO君も戸惑っていたが、あのテンザン角をリング上でみた時、彼の中のなにかが覚醒し、新しいファッキンガッデムKUDOとして再生したのだ。
これからチームトゥサウザンアイランド(正式なスペルがわからん)はDDTで猛威を振るうことだろう。

◆この興行、始発時間までやっていて、撤収したらあさの6時を回っていた。
そこから京葉線とモノレールで千葉まで行き、KAIENTAI-DOJOに。
しばらく休息したら昼一時からGETのショーの用意。
試合はメインでKAZMAと組み、くにおブーと旭お尻組と対戦。
この試合をもって勤王党を離脱し、元のフリー選手に戻ることになった。
あとは若き闘将としてKAZMAと後見人の筑前選手、若手の小幡が勤王党としてGETを引っ張っていくだろう。
そしてそのまま夕方のRAVEに顔を出して今後は、GET・RAVE両方に出るとリングで挨拶。でも試合予定はまだ未定。
◆久しぶりにRAVEの試合を見て、メインのバジリスク対真霜を見たがクオリティが高かった。

◆今回は昨夜から一睡もせず、風邪をブリ返しながらのキツイ連戦だった。
試合も二ケ月ぶりのリングに感が鈍っていて大変だった。
来月からはDDTでの試合が続く。

◆帰りに待ち時間のあいだに上野駅内で「古奈屋」のカレーうどんをたべる。
ミラノ隊長が美味しいと言っていたので食べたが、風邪で麻痺した味覚でもその味はわかるほどの旨さだった。
値段もそれなりに張るが、とても美味しい。あれは癖になりそう。

と、東京に来ても毎回時間もないから、贅沢はカレーうどんを食べることくらいだ。

広告を非表示にする