@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

There You Go

◆私の愛用のレスポールカスタムの音がでなくなりギターショップにリペアに出した。
◆その店は若い女性がリペアしてくれて、ピックアップが悪いのではと交換したが、症状は改善されず、アッセンをひとつずつ交換していくことになった。
◆交換するピックアップの音を試す為に同じダンカンのピックアップを搭載したエドワードなるメーカーの(ESPのギターらしい)レスポールを弾いたら凄く音がよかったのでビックリ。
ピックアップがよいのではなく、間違いなくギター本体の音がよいのだ。
定価8万円くらいのギターなのだが、昔と違って安いギターも質が向上したのだろう。
◆そのギターを弾いたら、どう考えても私のギターは音が悪い(ボディーからの音鳴りが悪い)のでガッカリした。
こんな風になるといっぺんに嫌になる性格の私は、新しいギターが欲しくなって、いろいろ物色していた。
◆ロバートゴードンとクリススペディングの2005のアムステルダムでのライヴDVDを前から持っていたのだが、私のDVDプレイヤーはフリーリージョンで再生することが判明し、ようやくじっくり観ることができた。
クリスはあの歴史的なギタリストのリフを弾いていく曲、ギタージャンボリーも演奏していて、いままでは弾いていなかった、ジョージハリスンへのサムシングを少し弾いていた。
亡くなったジョージへの敬意と哀悼だったのだろう。
それにしてもクリスは素晴らしい演奏を相変わらずしていた。
ギターはギブソンレスポールJr.からデューセンバーグに持ち替えていて、アンプもフェンダーベースマンにし、このチョイスはクリスにピッタリだなと思った。
デューセンバーグは日本では椎名林檎さんがペパーミントグリーンの機体を愛用していて一躍有名になったが、最近、ボディーを金と黒の格子柄にしたデューセンバーグを使用してるよう。
偶然アブリルラビーンがテレキャスをシルバーと黒の格子柄にしていて、フェンダーからシグネィチャーモデルが発売されているがなにかの因果かな

広告を非表示にする