矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

価値

◆ジムは忙しかった。去年の今頃どうだったんだろ?
女子高生のマリちゃんが女性一人だったので私とミットトレーニング。
皆さんはジャブスパーでクタクタになっておられた。
マリちゃんかなり運動神経がよく打撃も上手い。
ブサイクなら『選手になれ』と言うのだが、グッドルッキングでビッチの才能があるのでモデルやタレントになればいいと勧めておいた。
◆女性の格闘技選手ってどうも理解できません。(女子プロレスは女性がする仕事として確立され、タレントがないとできない仕事だから別です)
同じ人間の女性なのに、
片やドレスアップしてモデルやタレントやAVで女性という存在を謳歌し、存在だけで人々を喜ばせるて、お金まで貰えるのに
片やアオタン作って殴り合って顔腫らして、チケット手売りして小遣い貰って、男性がやればいいような強さの表現をしなければならないってのは、同じ女性としての存在価値の差がありすぎます…可哀想です。
◆精神科医の小岩先生がこられたので「お化けをみたって言う人は精神疾患か?」とお聞きしたら「診察に来たらそういうことになる」と言っておられた(笑)
加茂谷先生もメールで幻覚妄想についての見解とお勧めの書籍を紹介してくださった。
◆しかし鋭い小岩先生は「霊的なことを商売にしてる人は“確信犯”的なとこがある」と言っておられた。
そうなんです。
判ってやっている人がたくさんいるのです。
宗教団体にも確信犯的経営者が多く、信仰心を商売にしてる連中が多いです。
あるキリスト系宗教団体はまったく違う神道系、仏教系宗教団体を幾つも運営していますし、
神道系神秘宗教団体が禅寺をフランチャイズ経営したりしてます。
またネズミ講やマルチもそうで、財界人や政治家が資金回収のために、そこらへんの教養の乏しい、弁説の立つ上昇思考の強いヤマ師を連れて来て、本気で「これは素晴らしいモノだから日本中に広めみんなで幸せになるのじゃ」と洗脳し、マルチ会社をつくりその洗脳された馬鹿を代表に据え、ペーパー商法や、権利ビジネス、ダイヤモンド、サプリメントなんかを売らせます。
代表は洗脳されてるから本気なので、頭のトロイ人はジャンジャン騙されて、黒幕が「そろそろ潮時だな」と思った頃に司法を動かし逮捕させてしまいます。
◆結局、無知がすべての不幸の源でして、騙す奴も悪いですが、騙される奴が一番悪いのです。
そういや昨年ファミレスで権利ビジネスのマルチを私にたいそうに語っていたおっちゃんは、どうしたかな?いい年して「資本主義の世に産まれたからには金を掴まなければウソや」と吹いていましたが、今頃コンビニで深夜のバイトでもしてるんやろか?