矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

買った本

◆あの人は十代、二十代の時何をしていたか
って本を買った。
面白いです。
忌野清志郎さん、17歳のときバンドに熱中していて、彼の母親が朝日新聞の身の上相談に投稿し、「過剰な干渉は逆効果」と回答が載ったという(笑)
志村けんさんは18歳の時いかりや長介さんの玄関先で留守のため12時間待ち、一週間後に付け人になった。
村上龍さんのお父さんは佐世保ゲバラと呼ばれた美術教師らしい。やっぱり血筋か。
スピッツのボーカルはスターリン遠藤みちろう氏を崇拝してるらしい
五木寛之さんは早稲田にいたが貧乏で一日20時間働いていてまだ足りない時は、血を売って飢えをしのいだという、インディレスラーばりの貧乏を経験
三木のり平さん(ごはんですよの人)は21歳のとき召集令状が届かなかった。原因は本名 三木則子(ただしと読むらしい)の為で、戸籍の性別欄が女子になり、また訂正にしにいきを繰り返し、ようやく召集令状が届き送別会をやってる途中に終戦になった
唐十郎さんは22歳の時ストリップ劇場で奥さんの李礼仙さんと金粉ショーをやっていたという。素晴らしすぎる!
明石家さんまさん24歳の時、週にレギュラー14本あり過酷な労働で体に痺れがきていたが、吉本興業は「人間の限界に挑戦せい!」とあと2本レギュラーをいれようとした
…というよな感じで書かれています。
最後に『強い意志は人生を切り開く源泉である』と書かれている。
いまは不遇でも諦めずに頑張ればなんとかなるもんであります。
しかし、35歳過ぎてなんの実績もなかったら、自分は普通の人だと悟ってカタギになったほうがいいです。