déraciné

思考と哲学の旅日記

謙虚

◆日昼に市議選や市長選挙が近いからか、ある先生がジムにあそびに来られ、お話を聞いた。
別に票の取りまとめは頼まれないが(笑)息抜きに私の知人とあそびにこられただけである。
すごく頭のいい方であった。
◆いろんな方とお会いして話したり、様々な書物を読む度に、「まだまだ無知である」と痛感してます。
◆たしかゲーテの有名な哲学戯曲、ファウストのファスト博士の独白に、
『一生懸命になって俺は研究した
でも、俺はちっとも賢くなってはない。』
ってようなことが書いてありました。―よい人に出会う、よい本に出会う度、このファウストを思い出します。
◆思うに、ソクラテスの「知らないということを知っている」
という
無知の知
という言葉は“謙虚”を著していると思います。
◆「出会いに、我の、無知をしる」私は、あらゆることへの謙虚さを持ちなさいという、暗示を受けているに違いないと思い、深く反省しております…。

広告を非表示にする