@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

ありがたい教訓

◆「臨界点」という言葉がある。物質は、ある温度・圧力を超えると性質が劇的に変化する。たとえば、水の臨界点は374℃、218気圧。ここを超えた水は、酸やアルカリにも溶けない金をも溶かし、猛毒のダイオキシンでさえ分解すると言われる。 人生にも“臨界点”ともいうべき瞬間がある。ある一点を突き抜け、自己の壁を打ち破った時、自分も社会も劇的に変わる。

広告を非表示にする