矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

今日のリリーマルレーン

★用事で砺波市の体育館に。ウエイト器具を見たりする。
★そこで開催されている小学生のミニバスケットの試合を少し観戦。県の代表決定試合だった。
★優勝決定戦を見たのだが、小学生ながら素晴らしい動きをしていて、基礎体力や運動ポテンシャルのよさが目にとまる。
この子供達を見ていてよいスポーツ選手の条件を再確認できた。
★どのスポーツ選手も共通だが、
◎試合中の運動量が多い。
◎体幹に近い筋肉を使えるので下半身の安定がある
◎背筋、ハムストリングスが発達し伸筋力が強くなるので力まずスピード・パワーを発揮する
◎動きに予備動作がなく、反応が速い。
◎目線をぶらさず動く。
◎相手の動きのパターンを早く学習してしまう能力がある。
◎性格が素直
これが大まかだが私が感じるよいスポーツ選手の条件だと思う。
以上を満たせばあとは岩をも貫くガッツと、自信を漲らせるための毎日のハードトレーニングの習慣を持てば、大概の人間は素質の差を破り、常人を超える選手になれるだろう。
★その試合の方は子供とは思えない白熱した展開で、スキルも大人かおまけであった。
優勝したチームはかなりの技術があり、相手に大型選手がいる試合ではゴール下の攻防が不利と考えると、すぐスリーポイントポジションからのシュート作戦に切替え、決勝は優勝チームが18点差付け勝利した。
★試合後、私は体育館職員とロビーで談笑していたら、優勝チームが父兄に祝福されていた。その内の生徒何人かが私の履いているナイキのジョーダン1ブルズカラーオリジナルを見て駆け寄って来た。
「すいません、はじめまして!○○小学校の○○と申します!僕はMジョーダンのファンです。もし良かったら履いておられるシューズを見せていただけますか!」
とすごく礼儀正しい態度と言葉遣いで話しかけられた(笑)
私も得意げに見せたが(笑)こんな子供たちと話せてよかったと思った。
★私が出会ったトップ選手達や仕事がしちかりできる人は皆一様に、礼儀正しく明るく、堂々としている。
★半端者は自信がないから、礼儀も仕事もなにもかも半端である
★この大会に出場した子らは皆、素晴らしい選手、そして社会になくてはならない人財になっていただきたいと思った。

★夜にモーターサイクルダイヤリーズを観る。
★なんだか毎日疲れてしまい目を閉じると寝てしまう。
スターバックスでコーヒーを飲みながらソファーに座り目を閉じたら寝てしまった。
座ったまま20分は寝たのではないかと思う。
こんなことは今までなかった。
体も心も疲れているのだが癒すすべもなくただ、惰眠を貪りたい毎日である。