矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

じぇいろう

この人は面白い
美人でもないし、
知性も感じられない
プエルトリコの道端で銜え煙草で洗濯物干してそうである。
メイドインマンハッタンなる映画を観たが、割烹着の似合うオバハンそのままだった。

またおかしいことに、実母がカジノで大当たりしたらしく(笑)マイノリティースターにぴったりのエピソードである。
でも若干人気があるのは何故か?
思うに馬鹿とブサイクと微妙な存在価値の面白さを判っていて見守っている
スマート層と
雑誌やヴィトンの広告で見て(鞄やらなんやらクレクレ!とかっぱらっていくのでクビになったらしい)知識なく「まぁ、いいかも♪」と言ってる
マーク層
そしてjーLoの信者的なファンでj-Loブランドの服や香水を持っている
jーLoが笑われてるのに気付いているが、なんで笑われてるのかさっぱり判らない
シュマーク層がいるのだと思う。
このシュマーク層はかなりブサイクの割合が高いと思われる。
じぇいろうはブサイクの成り上がりということをブサイク嗅覚で嗅ぎつけ、親近感と「もしかした自分も」との期待を抱かせる“ブサイクの希望の星”なのだと思う。
街でこじゃれた格好のブサイクを観たら聞いてみたらいい。
「じぇにふぅあーろペス好きですか?」と。

でも貧乏臭いブサイクにはきかないように
貧乏臭いブサイクには
「レニーゼルウィガー好き?」とか
「光浦さん好き?」「ヤイコ好き?」と聞いてあげようチンコ♪