矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

オーバーホール

身体も精神的にもリフレッシュしたいのでプロレスのリングからしばらく離れようかと考えている。
プロレスだけではなくビジネスの方も当初予想していたこととはズレてきてしまい、起動修正したいと前々から考えていた。
プロレスしていても地元でビジネスしていても<名実>のバランスが悪くなってしまい、うまく歯車が回らなくなってきていたので起動修正のタイミングは今だなと思う。
でもプロレスのリングからもあんまり長く離れられないのでさじ加減が難しいが…ホントに離れると戻ることできなくなるくらい代謝が激しい世界である。
こういうとこは一般社会以上に厳しいが、利益率はマーケットのデカさの割には一般社会以下である。

プロレスだけのことじゃなくて、自分の仕事も一部の人間を対象にしたマニアビジネスみたいもんであるし、リングにあがるようになったりすると、一般社会人としての感覚を麻痺させがちになるので、クールダウンさせないと駄目だとな思っていた。
一般社会でのビジネスもマニアビジネスも同じパイの中にあるのである。
それを忘れてしまい、大衆に受け入れられなくなっているのがマニアビジネスの現状だと思う。

売る商品の実態が曖昧だったり、値段が人によって変わったりする不確定価値の存在はもう通用しない時代なのである。
自分の仕事に対して、ここらへんを襟をただして考え、取り組まなくてはならないと思っている。

若い頃に良くしてもらった現代画家の先生に
「芸術家であるまえに社会人であるということを忘れたら駄目だ。忘れたら良い芸術は生まれない」といわれた言葉を何度も何度も思いだす。