déraciné

思考と哲学の旅日記

PRIDE GP♪

明日プライドの決勝だ。だれが優勝するか皆興味津津のようだ。
私もその一人である。
怪我などのアクシデントも可能性が高いので予想は難しいのだが…やっぱり決勝はヒョードル選手とノゲイラ選手かな?と思います。
ヒョードル選手は化け物みたいだし、テレビで控え室でアップして他の試合の結果をセコンドに聞いてる映像をみたのだがあの雰囲気は本当に強い人間特有のモノだった。
私もアマチュア空手選手時代からの試合数を入れたら百以上の数をやっているので雰囲気や立ち居振る舞いで強い人は判ります。
ヒクソン対高田選手の最初の試合を会場の花道近くでみたのだが高田選手の入場した時点で勝敗の行方が見えていた。
あと、うさん臭い試合は選手が向かいあった瞬間に判るようになった。
試合経験の多い人は皆さんそれを感じて同じことを思っています。
とにかくヒョードル選手は凄いと思う。もし倒すことができるとしたらノゲイラ選手かミルコ選手ではないだろうか?
それかボクシングテクニックをかなりマスターした打撃出身のMMA選手か。
小川選手も凄い強いと思います。
グランドでは世界トップの実力だと思います。
私は何度か小川選手の練習を同じリングの中で見ているのでその強さは桁違いだと感じています。
ただ打撃がどこまで怖がらず見切れて、自分も打撃できるか?がネックだと思います。
プロレスラーの方々も総合の試合にでることが多々ありますが皆さんグランドは物凄く強いです。
これは体感してるし見ても判ります。
しかし打撃がネックになって勝てないのだと思います。
いま総合は打撃出身者が幅をきかせてます。
グランド出身者は必死に打撃練習を取り入れてます。
スタンドの状態からテイクダウンとる方法を過信していたからでしょう。

先日シーザー武志先生が近来の総合格闘技の立ち技選手の活躍について語っておられました。「桜井マッハはシューティングと間違えてシュートボクシングを習いにきたんだけどかなりボコボコにされそれから努力してアマチュアのチャンピオンになった。彼がまだ総合で通用してるのは付け焼き刃ではない打撃を身に付けてるから。グラウンドは対処方法的セオリーで構築されてるから基礎体力があれば一年くらいでみについてしまう。しかし立ち技は(一生もの)といって一生技の追及と鍛練が必要。それは立ち技の攻撃は360度だから。」
といった話をされていた。
たしかにグラウンドは一年くらいやった学生でも基礎体力があれば試合に勝ち上がれるし、トレーニングもしていない年寄りでも通用している。
打撃格闘技では考えられないことである。
立ち技の世界にも対処方法で作られているモノがあるが、そういう流派や団体は絶対に異種格闘はやらない。
勝てないからである。
フリーファイト、ストリートファイトは型を破る破天荒なセンスと体の一部がちぎれても戦い続けられるハートがなければ勝利できないと思う。
空手時代、先生に散々いわれた言葉がある。いまもこれを肝に銘じています。
「ルールがあろうが無かろうが、立ち会うことになったら相手が親だろうが親友だろうが、神だろうが仏だろうが殺すつもりでいきなさい。
もし相手が死のうが知ったこっちゃない。
それを覚悟で向かい合う用意をするために稽古してるんだ。
だから用意不足の者は戦う資格はない。
用意したもの同士なら相手が死のうが、自分が死のうが、恨みっこなしだろ?
死んだ奴が悪いんだから(笑)」
…プライドの選手の皆さんの健闘をお祈りしております

広告を非表示にする